血糖値を低く抑える低インスリンダイエット

肥満の原因となる一つにインスリンの働きがあります。食事を摂って血糖値が高くなると、インスリンが分泌されて血中の糖分をエネルギーとして消費して各細胞にエネルギー源として糖を送り込みますが、細胞に糖が行き渡ってもまだ糖が残っている場合、インスリンが残った糖を「脂肪細胞」に送り込むようになります。血糖値を急激に上げてしまうと肥満のリスクになるのです。
そこで最近注目されているのが低インスリンダイエットです。血糖値を急上昇させないような食品だけを摂るようにすることで血糖値をコントロールして肥満を防止するというもので、血糖値を低くする方法としては以下の様な方法があります。

■GI値の低い食品を選んで食べる
血糖値を上昇させるスピードを数値化した「GI値」を元に、GI値の低い食品を選んで食べることで血糖値の急上昇を抑えて脂肪細胞へ糖が送りこまれることを防ぎます。GI値は炭水化物などの消化の早い食品は高く食物繊維が多い野菜などの食品は消化に時間がかかる為GI値も低くなります。

■血糖値を下げる成分が含まれる食品を摂る
saba特定の食品には血糖値を下げる成分が含まれる食品があります。代表的なのはサバなどの青魚で、青魚に含まれるEPAが血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きがあります。またオクラなどのネバネバ成分などに含まれるムチン、ペクチンなども血糖値の上昇を抑えてくれます。

■血糖値を下げるサプリメントを活用する
ala-plus最近では血糖値の上昇を緩やかにしてくれるサプリメントや特保のドリンクなどんが多く発売されています。TVCMなどでも宣伝されておりコンビニなどでも買えるので、外食が多く中々食品を選んで食べれないような場合にはこういったサプリメントを活用するのも良いかと思います。
参考URL:血糖値を下げるサプリメント一覧

抗酸化作用のある食品をネットで検索

年齢と共に体力も衰えてきて、またスポーツなど運動をしても体力が回復しにくくなり、疲れやすくなりました。40を超えると急に体の調子がおかしくなってきますね。30代の頃はまだまだいけてたのですが、無理が利かなくなりました。インターネット関係の仕事をしているせいか、仕事で外出することも少なくなり1日中デスクワークという日が90%以上を占めます。そのせいもあるのでしょうか。

そこで、抗酸化作用のある食品を色々と探してみました。日常的に食品には気を付けてはいるのですが、サプリメントなどの接種もした方がいいのではないかと思い始めたこの頃です。アンチエイジング、抗酸化作用 食品などのキーワードで検索すると今まであまり知らなかった商品やサプリメントなども出てきました。

まとめてみますと

アンチエイジングに効果が見込める成分8選

※参考サイト:肌らぶ

ポリフェノール
カロテノイド
コエンザイムQ10
αリポ酸
オメガ3脂肪酸
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE

抗酸化作用のある食べ物で老化は防げる!毎日食べたい10の食品

※参考サイト:アンチエイジング Life
バナナ
カボチャ&ニンジン
キャベツ
ニンニク、ショウガ
蕎麦
大豆
緑茶
ベリー類
アボカド
アーモンド

酸化還元電位は-400mV~-600mVの水素水商品

※参考サイト:水素水ガイド

トラストウォーター
水素のたっぷりおいしい水
浸みるわたる水素水
水素水ザラスバ
クリスタル水素水